TOP ▷ JAバンク ▷  納税準備貯金
(平成19年8月8日現在適用中)
当該貯金は当組合の譲渡性貯金を除く他の貯金等(全額保護される貯金保険法第51条の2に規定する決済性貯金(当座貯金・普通貯金・別段貯金のうち、「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3条件を満たすもの)を除く。)と合わせ、元本1,000万円とその利息が貯金保険により保護されます。
【1】商品名
納税準備貯金
【2】販売対象
法人および個人
【3】期 間:
定めなし
【4】預入方法
(1)預入方法 : 随時預入
(2)預入金額 : 1円以上
(3)預入単位 : 1円単位
【5】払戻方法
原則として貯金者等の租税納付にあてる場合に払い戻します。
【6】利 息
(1)適用金利 : 毎日の店頭表示の利率を適用します。
(2)利払頻度 : 毎年3月と9月の当組合所定の日に支払います。
(3)計算方法 : 毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を100円とした1年 を365日とする日割計算。
【7】手数料
【8】付加できる特約事項
【9】中途解約時の取扱い
【10】貯金保険制度(公的制度)
保護対象
【11】JAバンクシステム(再編強化法に基づくJAバンクの独自制度)
当組合は、「農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律」(再編強化法)に基づき農林中央金庫が定める「系統信用事業の再編と強化にかかる基本方針(JAバンク基本方針)」を遵守する特定農業協同組合(JAバンク会員)です。万一の場合、再編強化法に定める指定支援法人であるJAバンク支援基金から支援が受けられます。
【12】その他参考 となる事項
● 利息には利子税はかかりませんが、租税納付以外の目的で払い戻した場合には、その払戻日が属する利息計算期間中の利息は、課税されます。(ただし、貯金者が納税貯蓄組合法にもとづく納税貯蓄貯金組合の組合員である場合には、その払戻額の合計額が同法に定める一定金額以下のときは利子税はかかりません。)
●租税納付以外の目的で払い戻した場合には、その払戻日が属する利息計算期間中の利息は、店頭に表示する普通貯金の利率によって計算します。
●通帳に記帳いただいていない明細が、月末時点で50件以上あり、翌月6日まで未記帳の状態が続いた場合は、それら未記帳の明細を合計して記帳させていただきます。